欅坂46と新社会人

僕が欅坂46のファンでセンター平手友梨奈押しであることは仕事関係含めた知人友人に知れ渡っているのですが、仕事関係者にまで周知されてるって何なんでしょうね。皆様そんな情報に接するために僕に仕事依頼してる訳じゃないと思います。なんとお詫びしたらよいやらです。

まあそれはそうと、最近はあまりにもファン過ぎて平手友梨奈以外のメンバーのことが気になるという境地に達しています。

そもそも平手友梨奈が注目されたきっかけは、デビュー曲のPVや歌番組で彼女がかなり怖い顔をして踊ったことです。そういう表情が合わない曲ではないのですが、普通この程度だろう、という線を逸脱して気合が入り過ぎのパフォーマンスを彼女はしています。でもその逸脱っぷりがむしろ感動的だったので、多くの人に強い印象を与えました。

新曲もそんな平手に最適化されており、彼女が人でも殺しそうなテンションで踊り歌うのに合うような曲調、振り付けになっています(勿論そうでない曲もあるし平手が笑顔で歌うこともありますが、大局的には欅坂全体がその方向性です)。

でも、そんな特異な個性に最適化された曲を、他のメンバーが活き活きと歌うのは難しいと思うのですよね。そもそもAKBグループのオーディションで入ってきたのだから、笑顔で可愛らしく歌うつもりだった人が多いはずです。にも関わらず基本的に怖い顔をしないと合わない曲を与えられ、しかも怖い顔は平手の独壇場なので真似にしかならないという状況は難儀なのではないかと思います。

でも、ここでいきなり話を一般化しますが、仕事って大抵そういうものなのですよね。怖い顔をしないと合わない曲でも、その曲を壊さない範囲で平手の真似ではない自分らしさを出せる瞬間が何処かにあるかもしれない。そのパフォーマンスが充分に魅力的で、曲にも貢献していれば誰かの目には留まるし、やがてはその個性ありきの曲を出せるかもしれない。無理矢理例えると、新社会人やデビューしたてのクリエイターは皆、平手以外の欅坂メンバーのようなものです。

ただ、実はそういうことを平手本人は考えていないような気もします。ああいう強烈なアーティストエゴは、如何に個性を発揮するか、差別化するかといった計算とは別の次元に存在しているからです。彼女は自分が宇宙の中心なので、その存在感に他の人が計算で勝つことはできません。また、宇宙の中心にいる本人の心境や苦悩を他の人が推し量ることもできません。
でも実は宇宙には中心がないので、逆に言えば本来誰もが宇宙の中心にいるはずなのですよね。自分がいかにちっぽけな存在か自覚しろ、みたいなメッセージは世間にもネットにも溢れていますが、本当はその逆なのだと思います。

突然ですが、いじめ問題について

僕は独身で子どももいないのですが、そういう年代ではあるので、子育てに関する話を聞く機会は多いです。そこで意外だったのは、のび太も彼をいじめるジャイアンも全体として微笑ましい、といった見方や、そのようなちょっとしたトラブルは子どもの成長にとって有効だ、といった見方があることです。
勿論悪気はないと思うのですが、そのような見方が結果として問題を生むというか、率直に言えばいじめの被害者を更に追い詰める可能性は高いように思います。当ブログは全くそういうテーマでやっている訳ではないのですが、かつていじめの被害者だった身としては他人事と思えないので、今回は例外的にこの問題について書こうと思います。

まず踏まえておきたいのは、なにがしかの嫌がらせを受けている子がいたとして、それをその子がどう感じているのか、当人にとってそれはいじめなのか、どの程度の深刻さなのか、といったことを他人が推測するのは非常に難しい、ということです。
ある子にとっては殆どダメージがないような些細な嫌がらせでも、ある子にとっては文字通り死ぬ程辛い可能性はあります。勿論当人が本心から「特に気にしていない」と言っているなら心配ないかもしれません。しかし、いじめに遭うような子はその辺の話題を避けがちでしょうし、事態の悪化を恐れて報告できないことや、加害者を庇うような嘘を付くこともあり得えます。なので余程ハッキリした根拠が無い限り、些細な嫌がらせやじゃれあいに見える関係性をいじめでないと断定するのは危険、ということになります。勿論、傍目にも明らかにいじめに見えるものはその時点で緊急事態なのは言うまでもありません。

では、些細な嫌がらせなのか、いじめなのか分からない関係性をもし発見した場合、どのように対処すべきなのでしょう。少なくとも、加害者を被害者から引き離せばそれ以上の状況の悪化は避けられます。
この対処方法は、実際にはその関係性がいじめでなかった場合、つまり単なるじゃれあいだった場合にもその機会を奪うので、その点は問題かもしれません。また、確かにある種のいじめではあったけれど、放っておけば被害者が加害者に反撃するなり自分の言い分を伝えるなりして自己解決できたかもしれない、その可能性を潰してしまう、という面もあるでしょう。特に後者の「自己解決」パターンはある意味貴重な人生経験かもしれないし、子どもが成長する機会でもあるのかもしれません。最初に書いた、のび太も彼をいじめるジャイアンも全体として微笑ましい、という主張をする人はこのような成長物語を思い浮かべているケースが多い気がします。

しかし逆に言えば、加害者を引き離すことで失われる可能性があるのは、じゃれあいの機会や人生経験くらいです。それは正直、全く大した損失ではありません。何に較べて大した損失ではないかというと、勿論それは被害者が死ぬことです。いじめは最悪の場合被害者を自殺にまで追い詰めます。そして、それを周囲が予見できていれば当然対処したでしょうから、殆どのケースで周囲は事態がそこまで深刻とは思っていなかった、ということになります。つまり、じゃれあいとか「貴重な人生経験」パターンかと思っていたらある日突然被害者が死ぬということです。

このように書いていても「そんな大袈裟な」とか「それは極論だ」といった感じ方をする人がいるのは予想できます。しかし今問題にしているのはこれを大袈裟だと思う、その鈍感さ自体なので致し方ありません。もし本当に鈍感でなく、克服できないレベルのいじめとそれ以外の関係性を100%の精度で区別でき、自分の子どもは後者のケースだと断定できるのなら、敢えて子どもに「貴重な人生経験」をさせるのも良いかもしれません。でも勿論100%の精度などあり得ないし、あり得ない以上、子どもにとっての深刻な被害を周囲が過小評価してしまうリスクを消すことはできません。

それに、たまたまいじめの度合いが被害者にとって克服可能なレベルで、なんとかそれを克服したとしても、それが本当に「貴重な人生経験」なのでしょうか。「貴重な人生経験」とはそこまでつまらない意味合いしか持たない概念なのでしょうか。
世界にはもっと遥かにマシな、見るべきものや体験すべきこと、出会うべき他者が存在しているはずです。どうして、いじめ加害者のような暴力的な人間と接点を持つことを重視しなくてはならないのでしょう。

僕は「ドラえもん」は大好きですが、「ドラえもん」はマンガであるが故に、のび太とジャイアンの問題の深刻さを見えなくしている面があるように思います。実際のいじめにはマンガ的な絵柄のほのぼの感はなく、和やかなBGMもなく、のび太を助けるドラえもんもいません。勿論現実の世界には映画版も存在しないのでジャイアンが善人になることもありません。もし現実にあのようないじめがあればのび太は死ぬ危険性があります。ドラえもんに代わりのび太を助けられるのは周囲の大人しかいないことを、自覚する必要があるのではないでしょうか。

20年以上前のライブDVDを買った


買ったのは、TM Networkが1994年に一旦終了した際の、ラストライブ2Days@東京ドームのDVDです。VHSでは持っていましたが買い直しました。
当時僕は大学生でしたが、コンピュータのピコピコ感が好きそうな人が多い学部(慶應SFC)だったので、学生が続々と授業を切り上げて参戦していたのを覚えています。勿論僕もその一派で、このライブにこそ行きませんでしたがそもそもメタクソ小室ファンでした。

小室ファンとして特にこのライブが好きなのは(大変逆説的ですが)数々のライブの中で群を抜いてやる気がないからです笑。
そもそもTMの曲はその多くが清々しいくらいに小室本位なので、シンセ奏者が一番美味しくなるように構成されています。サビの直前とか間奏とか、或いは曲によってはサビ自体とか、とにかくここぞ、という時に小室が弾くべき美味しいシンセフレーズが出てきます。その効果で盛り上がる観客席…そういうものを想定しながら彼は曲を作っているはずです。
でも、そこまでして曲を作っておいて、肝心のライブでは弾かないんだこれが笑。その美味しいはずのフレーズを実際に担当するのは大抵アシスタントかシーケンサーの自動演奏で、彼自身はその上に被る即興フレーズ(聴こえないことも多い)を弾いているか、ボイス系のサンプリング音を連打しているかです。
但し当該曲のリリース直後は別です。リリース直後ならその曲にエモーションが乗っているので弾きますが、程なくして飽きてしまうので上記のような状態になりがちです。
でもこれは、ファンとしてはやむを得ないと思うしかありません。使い古された言い方ですが、そのような極度の飽き性と創造性は多くの場合表裏一体だからです。「ライブという場での創造性は制限される」と彼自身何度もインタビューで語っています。でも、僕はミュージシャンではないので詳しくは分かりませんが、そもそもライブにこの意味でのスタジオワーク性を求めることって矛盾な気がします。そのスタジオワークの産物がバリバリにライブ志向なのだから尚更です。つまり敢えて抽象すれば、誰よりも楽しみたいのに構造的に楽しめないのが小室で、彼の恩恵で楽しめるのがウツと木根、ということになりはしないでしょうか(?)。

1994年のライブに話を戻すと、当時TMは絶賛開店休業状態だったので、当然ながらどの曲にもエモーションが乗っていません(当時気合が入っていた対象はtrfとか篠原涼子です)。でもライブとしては空前の規模だし、舞台装置や照明の完成度も高く、何より客席の盛り上がりが尋常ではありません。そしてそうなるように、飽きられないように完成度が高まるように、10年間あらゆる知恵を絞ってきたのは他ならぬ小室です。その成果が目の前にあるのに、ステージ上で唯一彼だけがぜんっぜん楽しそうでないという…^^;メインのシンセフレーズは、最後なので流石に多少は弾いてくれるのですが「小室やる気バロメーター」と言われているショルダーキーボードは1回も使いません。コーラスに至っては歌う気ゼロなのでマイク自体設置されていません。
なんというか、創造性が若干特異な形で発現してしまった人間の矛盾がここまで浮き彫りになっている映像ってなかなかない気がします。ライブ終了後彼は周りが泣いている中「照明が綺麗だったのでずっと見ていた」と感想を語ったそうです。

こういう風に書くと、小室に対し印象を悪くする人もいるかもしれません。でもライブ中、彼が敢えてドラムを担当した曲の時だけは、彼は子どものように破顔していました。そのような子どもの魂に退屈することを強いるのが彼にとっての世界です。これは音楽業界が云々といった卑近なことではなく、もっとずっと根源的な次元の話です。当然、誰が悪い訳でもなく対処法もありません。また、こういうことが創造的な人の全てに当てはまるとは僕も思いません。しかし少なくとも彼のようなタイプの人は、長期間安定しては存在できない元素のように生きるしかないのでしょう。

レゴ de 可変翼飛行機【改造版】

先日レゴで制作した可変翼飛行機ですが、実は重大な欠点があったので改造してみました。

今回最大の改造ポイントは翼の付け根部分です。旧型では1マス×1マスのオレンジブロックを無理矢理回転軸として使用していましたが、当然構造上脆くなります。これを新型では可動パーツに置き換え。実は小学生時代のオリジナル版ではこの可動パーツを使用していましたが、手元になかったので妥協していたのです。しかしやはり気になるので新たにパーツを取り寄せてみました。
さらに円柱ユニットがその上をスライドする滑らかなパーツも、機体本体と色を統一することでより洗練された見栄えに。

翼から延びる「挟みユニット」の立体交差も互い違いになるように改良。円柱ユニットの色も本体と統一し、ハイセンスな色彩設計を実現。

パイロットの帽子は、ビビットな赤とシックなブルーをご用意。その日の気分で自由なコーディネートが可能に。

改造版を実際に動かすとこんな感じです。静かで滑らかな可動を実現することで、上質でラグジュアリーなレゴ体験があなたのものに。

という訳であなたも可変翼飛行機、作ってみませんか。