CGのリハビリ

最近趣味のポートレート撮影にハマり気味で、撮ったものはInstagramに投稿しています。それを知る友人から先日「どのような判断基準でシャッターを切るのか」という質問をされました。まずこの質問自体が極めて知的なのですが、そういう相手なので簡略化しないバージョンで答えたのが下記です。

***

野外ポートレートの場合、一般に順光側より逆光側が良いカメラポジションとなる(勿論違う考え方もある、以下同様)。しかし逆光でも背後に目立つ看板があったり、モデルさんと自分との間に遮蔽物があったら不都合。但し遮蔽物がモデルさんを部分的に隠すことで良い構図となる場合もあり、一律にダメな訳でもない。このように良いカメラポジションは空間内に単純には分布しておらず規則性を把握しにくい。通行人の状況や太陽の角度など、時間との関係で変化する要素もある。

つまり、最適なカメラポジションを求める際に考慮すべきパラメータは非常に多い。しかも被写体は生きた人間なので動くし、表情も雰囲気も一定ではないから更に計算は複雑になる。

それに加えカメラマンは計算に専念するのではなく、モデルさんをディレクションすることで計算結果に影響を与えなくてはいけない。ディレクションの前提として、撮影前からの信頼関係の構築が必要になる。この構築やディレクション自体も計算なので、こうなるともうやるべき計算が膨大になり過ぎる。まるで人生自体を計算しようとするが如きである。しかしそれでもなんでも無理矢理にひとまずの解を導き、その解が一定水準に達しているか否かをシャッターを切る際の判断基準とする。

***

このような問題をコンピュータに解かせるのは今の時点では難しい気がします。仮にロジック部分を解けたとしても、ディレクションの際はそれを言うのが人間であるという要素が重要だと思われるので、同じ効果をコンピュータやそれに付随するシステムで狙えるかは微妙です。つまりポートレート撮影は自分にとってはデジタル的なショートカットを導入しにくい、その意味で極めてアナログな分野です。

僕の日頃の仕事はCGの割合が高いのですが、何かそのリハビリでポートレートを撮っているような気が最近はしています。

フィルタリング


大変お久しぶりの更新になってしまいました。自分の近況という意味では、仕事で作った作品の中で公開して良いものは随時メインサイトに追加しています。作品リストも随時更新中で、こちらには動画本編を公開できない作品に関してもタイトルだけ掲載しています。

もう少し日常的な近況はFacebookに比較的マメに投稿しています。半分以上の投稿は公開設定です。フォローして頂いても可です。友達リクエストへの対応だけは条件を付けていて、面識のある方のみ承認しています。

ちなみに以前は「SNSである程度やりとりした方か、面識のある方」という条件でした。そもそもFB自体、MENSA(というこのブログにも何度か書いている高IQ団体)の主な交流がFBグループ上でのものだったので始めたのですが、あまり興味がなくなってMENSAのFBグループは抜けてしまいました。結果的に面識のない方とSNSで新たに知り合うというパターンはなくなっています。

ただその状態も本意ではないのでどうにかしたいとは思っています。勿論誰とでも無条件に友達にはなれないので、上手いフィルターのかけ方を模索中なのですよね。MENSAフィルターは自分にとってはあまり意味がありませんでした。意味がないというのは、MENSA会員と非会員をそれぞれ一定人数集めた場合、その中で自分と仲良くなり得る人の数に差がないということです。一応MENSAよりも遥かに入会条件が厳しいHelliqという団体にも入っていますが、Helliqフィルターに意味があるかは判断保留中です。念の為補足しますが以上あくまで個人的な相性の問題に過ぎず、一般的な人間の資質や優劣とは無関係です。

そういえば、InstagramはFBよりも更にマメに更新しています。作品的な志向が似ている方から感想を頂いたりモデルの申し出を頂くことがありますが、そういう方とは他に共通項がなくてもちゃんとしたコミュニケーションが成立する度合いが高いように思います。これはやはりオリジナル作品という狭くて深い指標に基づく出会いだからかもしれません。

そしてそのような、ある意味アナログで手間のかかる出会い方は以前から存在しています。自分はロジカルなショートカットならなるべく使いたいし、そのような志向性がPCやテクノロジーに関わる作業全般に向いていることはほぼ間違いないと思っています。しかし人間関係の構築に於いてはそのような上手いフィルターのかけ方は結局存在しない、ということなのかもしれません。

20年以上前のライブDVDを買った


買ったのは、TM Networkが1994年に一旦終了した際の、ラストライブ2Days@東京ドームのDVDです。VHSでは持っていましたが買い直しました。
当時僕は大学生でしたが、コンピュータのピコピコ感が好きそうな人が多い学部(慶應SFC)だったので、学生が続々と授業を切り上げて参戦していたのを覚えています。勿論僕もその一派で、このライブにこそ行きませんでしたがそもそもメタクソ小室ファンでした。

小室ファンとして特にこのライブが好きなのは(大変逆説的ですが)数々のライブの中で群を抜いてやる気がないからです笑。
そもそもTMの曲はその多くが清々しいくらいに小室本位なので、シンセ奏者が一番美味しくなるように構成されています。サビの直前とか間奏とか、或いは曲によってはサビ自体とか、とにかくここぞ、という時に小室が弾くべき美味しいシンセフレーズが出てきます。その効果で盛り上がる観客席…そういうものを想定しながら彼は曲を作っているはずです。
でも、そこまでして曲を作っておいて、肝心のライブでは弾かないんだこれが笑。その美味しいはずのフレーズを実際に担当するのは大抵アシスタントかシーケンサーの自動演奏で、彼自身はその上に被る即興フレーズ(聴こえないことも多い)を弾いているか、ボイス系のサンプリング音を連打しているかです。
但し当該曲のリリース直後は別です。リリース直後ならその曲にエモーションが乗っているので弾きますが、程なくして飽きてしまうので上記のような状態になりがちです。
でもこれは、ファンとしてはやむを得ないと思うしかありません。使い古された言い方ですが、そのような極度の飽き性と創造性は多くの場合表裏一体だからです。「ライブという場での創造性は制限される」と彼自身何度もインタビューで語っています。でも、僕はミュージシャンではないので詳しくは分かりませんが、そもそもライブにこの意味でのスタジオワーク性を求めることって矛盾な気がします。そのスタジオワークの産物がバリバリにライブ志向なのだから尚更です。つまり敢えて抽象すれば、誰よりも楽しみたいのに構造的に楽しめないのが小室で、彼の恩恵で楽しめるのがウツと木根、ということになりはしないでしょうか(?)。

1994年のライブに話を戻すと、当時TMは絶賛開店休業状態だったので、当然ながらどの曲にもエモーションが乗っていません(当時気合が入っていた対象はtrfとか篠原涼子です)。でもライブとしては空前の規模だし、舞台装置や照明の完成度も高く、何より客席の盛り上がりが尋常ではありません。そしてそうなるように、飽きられないように完成度が高まるように、10年間あらゆる知恵を絞ってきたのは他ならぬ小室です。その成果が目の前にあるのに、ステージ上で唯一彼だけがぜんっぜん楽しそうでないという…^^;メインのシンセフレーズは、最後なので流石に多少は弾いてくれるのですが「小室やる気バロメーター」と言われているショルダーキーボードは1回も使いません。コーラスに至っては歌う気ゼロなのでマイク自体設置されていません。
なんというか、創造性が若干特異な形で発現してしまった人間の矛盾がここまで浮き彫りになっている映像ってなかなかない気がします。ライブ終了後彼は周りが泣いている中「照明が綺麗だったのでずっと見ていた」と感想を語ったそうです。

こういう風に書くと、小室に対し印象を悪くする人もいるかもしれません。でもライブ中、彼が敢えてドラムを担当した曲の時だけは、彼は子どものように破顔していました。そのような子どもの魂に退屈することを強いるのが彼にとっての世界です。これは音楽業界が云々といった卑近なことではなく、もっとずっと根源的な次元の話です。当然、誰が悪い訳でもなく対処法もありません。また、こういうことが創造的な人の全てに当てはまるとは僕も思いません。しかし少なくとも彼のようなタイプの人は、長期間安定しては存在できない元素のように生きるしかないのでしょう。

レゴ de 可変翼飛行機【改造版】

先日レゴで制作した可変翼飛行機ですが、実は重大な欠点があったので改造してみました。

今回最大の改造ポイントは翼の付け根部分です。旧型では1マス×1マスのオレンジブロックを無理矢理回転軸として使用していましたが、当然構造上脆くなります。これを新型では可動パーツに置き換え。実は小学生時代のオリジナル版ではこの可動パーツを使用していましたが、手元になかったので妥協していたのです。しかしやはり気になるので新たにパーツを取り寄せてみました。
さらに円柱ユニットがその上をスライドする滑らかなパーツも、機体本体と色を統一することでより洗練された見栄えに。

翼から延びる「挟みユニット」の立体交差も互い違いになるように改良。円柱ユニットの色も本体と統一し、ハイセンスな色彩設計を実現。

パイロットの帽子は、ビビットな赤とシックなブルーをご用意。その日の気分で自由なコーディネートが可能に。

改造版を実際に動かすとこんな感じです。静かで滑らかな可動を実現することで、上質でラグジュアリーなレゴ体験があなたのものに。

という訳であなたも可変翼飛行機、作ってみませんか。