2016 best graphic

大晦日です。という訳で、今年1年に制作した全お仕事動画をまとめて…掲載しても誰も観ないと思われるので、それに最近では趣味写真(インスタ)にも結構比重が置かれているので、それらの中から何点か選んで画像で振り返ることにしました。まーよく働いたと思います笑。
各作品の関係者様、それに直接には関係者でない皆様も、本当にありがとうございました!来年もよろしくお願いします。













デアゴスティーニ!

img218

久しぶりにお仕事作品のご紹介です。
本業の映像制作の方では日々あくせくと色々作っているのですが、
Webに載らなかったり載せちゃいけなかったりで、
必ずしも作ったものを全てご紹介できる訳ではないのですよね~。
というかご紹介できないもののほうが多いです。

その中で今回珍しく動画でご紹介できるのは、
デアゴスティーニのDVD/Blu-rayコレクションを買うとその冒頭に必ず入っている、
同社のロゴがCGで動いてなんかするアレです。


「デアゴスティーニのDVDコレクション」は皆様も宣伝等で沢山聞いたことがあると思うのですが、
実は「Blu-rayコレクション」は今までなかったのですよね。
で、Blu-rayコレクションを今後出していくにあたり、
冒頭のロゴがなんかする映像&音を新たに作らせて頂いた次第です。
(同時にDVDコレクションの冒頭も同映像のSD版にリニューアルされます。)

デアゴスティーニは分冊形式、パートワークで商品をリリースしており、
またその商品も、パーツを集めて組み上げるようなものが多かったりしますが、
それらのイメージから、文字が寄り集まってロゴを形作る映像となりました。

8月30日発売「隔週刊 傑作カンフー映画 ブルーレイコレクション」で初登場となります。
皆さんぜひ!
この流れでいきなりカンフー映画に興味を持てというのは物凄く無理があると思いますが、
それにもめげずぜひ!

img217

いや、なにがカンフー映画だよ、こんなんただの宣伝じゃん、役に立つ情報がないじゃん、
と思われる方もいるかも知れません。
そこで最後に、とっておきの役に立つ情報をお教えしたいと思います。

なんと、
「ディアゴスティーニ」
ではなく正しくは
「デアゴスティーニ」
です!

小さい「ィ」なし!
これ、結構意外じゃないですか?(知っていた方にはジャンピング土下座)

NTT Communicationsが描く未来

img186

NTT CommunicationsがIoTの分野に於いて今後どんなことをやっていくのか、
その展望を示すPV「NTT Communicationsと協創するIoTの未来」を作らせて頂きました。

アクセンチュアという、
これまた素晴らしいコンサルティング会社の方と一緒に二人三脚で作り上げた、
という感じです。


映像面で言えば、
こういうフラット系のグラフィックっていかにも日頃からやっていそうで、
自分でもそんな気がしていたのですが案外やってなかったんですよね^^;
という訳でその部分の意識合わせに当初苦労したのですが、
このいかにも大層な関係各社のラインナップとは裏腹に、
アクセンチュアの方が自宅にまで来てくださいまして、
プチシュークリームをつまみながら一緒にCGの調整をやったりしました。
そのお陰である時点から夢のようにスムーズになり、
結果としてご好評だったとのことで本当に良かったです。

img187

img188

撮影に関しては、ご覧のとおりキャストは全員外国人なのですが、
僕はマルチリンガルなので問題ありません。
常にアメリカンジョークを交えながらの撮影となりました。
(嘘です。主役のマーク氏は日本語ペラペラです。
いっそ2人で漫才コンビでも結成しようかと思ったくらいさ!HAHAHA!)

尚、日本語字幕を外したバージョンが海外に向けても公開されています。
この手のPVに関しては今回でいろいろ学びましたので、
また今後に活かせればと思います。

アニメ調の新作も公開!

年度の初めなので作品の公開が重なっております。
という訳で昨日に続きもういっちょ、新作のご紹介です。

img180

今回公開になったのは、中古一戸建て住宅を探し、購入する際の手順や注意点を、
ほのぼのとしたアニメーションで解説したPVです。
この記事で触れたり、この記事でアフレコした、と書いたのはこの作品のことです。

クライアントは公益財団法人不動産流通推進センターで、
動画は、同センターが運営する不動産情報サイト「不動産ジャパン」に掲載されています。
(民間の転職情報サイトに対して公営のハローワークがありますが、
「不動産ジャパン」はそれの不動産バージョンみたいなものです。)

img183

動画はこのページからご覧ください。
(すいません、記事中に埋め込んだりができないのです…。)

この動画は全4章で、結構な分量でしたが、
原画担当、三本香織さんの仕事ぶりにも助けられなんとか完成に漕ぎ着けられました。

原画の時点で既に良い感じなのですが、
それを更に、ペーパークラフトを撮影したかのような解釈で再構築し、
半立体的な映像を作っています。

img181
↑これが原画。

img182
↑これが最終的な映像。

専門性の高い内容なので、シナリオ監修のプロセスに多くの手間と時間を要しました。
が、そんな監修会議ではあまり問題にならない、
新居からカメラが一気に引いていく4章のラストカットには、
4章のそれ以外の部分全てと同じくらいの手間がかかっています。
やっぱりあくまでも映像作品ですからね。
そういう意味でのバランスはなんとか保って仕上げられたのでは、と思います。

また声に関してですが、今回はアニメーション作品なので、
今まで自分がやってきた作品に比べても声の重要度が格段に高いと言えます。
その点不安もあったのですが、結果として経験豊富な、
茂木たかまささん鍋井まき子さんをキャスティングすることができました。
勿論大成功だったかと思います。
制作期間中、関係者はずっと僕の仮ナレーションを聞かされていたので、
それとのギャップもあり皆さん大変喜んでおられました。
聞き苦しい仮ナレーションを数ヶ月に渡ってお聞かせしてしまい申し訳ありませんでした
(何故か最後に謝罪)。

ぜひ、ご覧頂ければ幸いです。

カメさん火星に立つ

神田のカメさん法律事務所が、
火星に支店を開設する為の法的手続きにガチで挑戦するという「火星支店計画」
先日完結したはずですが、なんと懲りずに続編を作ってしまいました。
しかも今回はTVCMです。


放送は、人類が火星に移住するという内容の、
まさにうってつけのアニメ「テラフォーマーズ リベンジ」の直前です。
同番組は昨夜から放送で、
つまりCMも既に1回流れました(このブログでのフォローが遅くてすいません)。
twitterなどを見ていると、
CMの映像をテラフォーマーズかと一瞬勘違いしてくれた方も少なからずいたようで、
そうなったらいいな、と思っていた通りの反応で逆に申し訳ないくらいです。
企画に乗ってくれてありがとう!(笑)
ちなみに実写映画版「テラフォーマーズ」の前にも流れます(一部の劇場のみ)。

img179

内容的に、同事務所の太田弁護士は火星にいないとおかしいので、公式サイトも火星仕様に。

そしてこちらがCM特設ページ

img178

特設ページを見て頂くと分かりますが、
今回の趣旨は要するに、神田のカメさん法律事務所が全国に出張する際の
料金目安を提示しました、というだけです(実際全国から呼ばれるそうです)。
それだけの為に全力で火星の映像を作るCMがあってもいいんじゃないでしょうか、
ということで、お楽しみ頂ければ幸いです。