欅坂46と新社会人

僕が欅坂46のファンでセンター平手友梨奈押しであることは仕事関係含めた知人友人に知れ渡っているのですが、仕事関係者にまで周知されてるって何なんでしょうね。皆様そんな情報に接するために僕に仕事依頼してる訳じゃないと思います。なんとお詫びしたらよいやらです。

まあそれはそうと、最近はあまりにもファン過ぎて平手友梨奈以外のメンバーのことが気になるという境地に達しています。

そもそも平手友梨奈が注目されたきっかけは、デビュー曲のPVや歌番組で彼女がかなり怖い顔をして踊ったことです。そういう表情が合わない曲ではないのですが、普通この程度だろう、という線を逸脱して気合が入り過ぎのパフォーマンスを彼女はしています。でもその逸脱っぷりがむしろ感動的だったので、多くの人に強い印象を与えました。

新曲もそんな平手に最適化されており、彼女が人でも殺しそうなテンションで踊り歌うのに合うような曲調、振り付けになっています(勿論そうでない曲もあるし平手が笑顔で歌うこともありますが、大局的には欅坂全体がその方向性です)。

でも、そんな特異な個性に最適化された曲を、他のメンバーが活き活きと歌うのは難しいと思うのですよね。そもそもAKBグループのオーディションで入ってきたのだから、笑顔で可愛らしく歌うつもりだった人が多いはずです。にも関わらず基本的に怖い顔をしないと合わない曲を与えられ、しかも怖い顔は平手の独壇場なので真似にしかならないという状況は難儀なのではないかと思います。

でも、ここでいきなり話を一般化しますが、仕事って大抵そういうものなのですよね。怖い顔をしないと合わない曲でも、その曲を壊さない範囲で平手の真似ではない自分らしさを出せる瞬間が何処かにあるかもしれない。そのパフォーマンスが充分に魅力的で、曲にも貢献していれば誰かの目には留まるし、やがてはその個性ありきの曲を出せるかもしれない。無理矢理例えると、新社会人やデビューしたてのクリエイターは皆、平手以外の欅坂メンバーのようなものです。

ただ、実はそういうことを平手本人は考えていないような気もします。ああいう強烈なアーティストエゴは、如何に個性を発揮するか、差別化するかといった計算とは別の次元に存在しているからです。彼女は自分が宇宙の中心なので、その存在感に他の人が計算で勝つことはできません。また、宇宙の中心にいる本人の心境や苦悩を他の人が推し量ることもできません。
でも実は宇宙には中心がないので、逆に言えば本来誰もが宇宙の中心にいるはずなのですよね。自分がいかにちっぽけな存在か自覚しろ、みたいなメッセージは世間にもネットにも溢れていますが、本当はその逆なのだと思います。