フィルタリング


大変お久しぶりの更新になってしまいました。自分の近況という意味では、仕事で作った作品の中で公開して良いものは随時メインサイトに追加しています。作品リストも随時更新中で、こちらには動画本編を公開できない作品に関してもタイトルだけ掲載しています。

もう少し日常的な近況はFacebookに比較的マメに投稿しています。半分以上の投稿は公開設定です。フォローして頂いても可です。友達リクエストへの対応だけは条件を付けていて、面識のある方のみ承認しています。

ちなみに以前は「SNSである程度やりとりした方か、面識のある方」という条件でした。そもそもFB自体、MENSA(というこのブログにも何度か書いている高IQ団体)の主な交流がFBグループ上でのものだったので始めたのですが、あまり興味がなくなってMENSAのFBグループは抜けてしまいました。結果的に面識のない方とSNSで新たに知り合うというパターンはなくなっています。

ただその状態も本意ではないのでどうにかしたいとは思っています。勿論誰とでも無条件に友達にはなれないので、上手いフィルターのかけ方を模索中なのですよね。MENSAフィルターは自分にとってはあまり意味がありませんでした。意味がないというのは、MENSA会員と非会員をそれぞれ一定人数集めた場合、その中で自分と仲良くなり得る人の数に差がないということです。一応MENSAよりも遥かに入会条件が厳しいHelliqという団体にも入っていますが、Helliqフィルターに意味があるかは判断保留中です。念の為補足しますが以上あくまで個人的な相性の問題に過ぎず、一般的な人間の資質や優劣とは無関係です。

そういえば、InstagramはFBよりも更にマメに更新しています。作品的な志向が似ている方から感想を頂いたりモデルの申し出を頂くことがありますが、そういう方とは他に共通項がなくてもちゃんとしたコミュニケーションが成立する度合いが高いように思います。これはやはりオリジナル作品という狭くて深い指標に基づく出会いだからかもしれません。

そしてそのような、ある意味アナログで手間のかかる出会い方は以前から存在しています。自分はロジカルなショートカットならなるべく使いたいし、そのような志向性がPCやテクノロジーに関わる作業全般に向いていることはほぼ間違いないと思っています。しかし人間関係の構築に於いてはそのような上手いフィルターのかけ方は結局存在しない、ということなのかもしれません。