論理的であること

ふと数えたら今8プロジェクトくらい同時進行になっていました。当然忙しくはあるのですが本質的にストレスな案件がなく、本当に恵まれているなと思います。とはいえ勿論、世の中の誰と組んで何を作っても問題が発生しないというのはさすがにあり得ないので、やはり仕事相手を選ぶ際のフィルターがお互い有効に作用した結果なのではないかと思います。

今回はそのフィルターについて書こうと思うのですが、クライアントが有名かどうか、クライアントの映像発注経験が豊富かどうか等はあまり重要ではありません。後者について補足すると、映像制作に本当に詳しければ自分で作れますので、つまり全てのクライアントは多かれ少なかれ詳しくないのです。

では何が重要な条件かといえば、それはお互いに論理的であることです。つまり、映像制作に詳しくない部分を論理的な対話で補えるかどうかが全てだと僕は考えています。

作品づくりというと、カッコよさとかセンスといったモヤモヤした問題を扱う、という印象があるかもしれません。しかしその問題には正解がありません。白が好きか黒が好きかというのは好みなので、最終的には誰かの好みを信頼して決めるといった方法になりがちです。しかし、そのような正解がない問題とある問題を混同せずに、両者をそれぞれ的確に扱えるのならその方法は非常に論理的と言えます。

例えば、これは映像ではなく写真の話ですが、昨年コラボしたシンガーソングライターの如月まぁやさんはめちゃくちゃ論理的なのですよ。彼女は線維筋痛症と闘う患者さんでもあるのですが、少し前に、

タグ「ドクターに言われた衝撃的な言葉」が流行ってから私も何か投稿しようと、今まで診てもらった数えきれない程のドクターを思い出してた🤔
数々思い付いたけど、そのどれもが私が好きだと言える先生たちのお言葉だった。
通いたくなるお医者さんの条件に「ユーモア」が追加された💡

…とツイートされていました。最後の結論は多くの人が「私はやっぱりユーモアのあるお医者さんに通いたい」のように書くところですが、彼女の文は厳密さがまるで違います。そしてこのくらいの厳密さがないと多人数での制作は成り立ちにくいと僕は思っています。例えばこれが映画のキャスティングの話だとして、この言い方でないと「ユーモアだけあるヤブ医者」を排除できないからです。

逆に、充分論理的で厳密なやりとりができるのなら、白が好きか黒が好きかといった違いすら問題でなくなる可能性もあります。話し合いの結果白でもあり黒でもあるような繊細な縞模様を作れるかもしれないし、そのお陰で色の好みすら変わるかもしれません。そもそもコラボとは相手の影響で自分が多少でも変わることを期待して行うものだからです。そのような素敵でエモーショナルな変化を生み出すには、論理性というカッチリした基盤が必要だ、ということなのです。