近況

だいぶご無沙汰しておりました。
先日リニューアルした僕の個人(仕事)サイトへの作品掲載作業がやっと終わりました。掲載したのは比較的最近の作品の中の更に一部ではありますが、既存作品の投稿はこれで終わりで、今後は更なる新作が公開可能になった場合に随時更新します。

img236

そして、このブログも構造としてはそのサイトの一部ですので、デザインを(ガンダムに対するジムみたいな意味に於いて)統一しました…というのが1週間くらい前の話。

ブログを更新できなかった期間のその他の出来事としては、相変わらず仕事のほうは忙しくさせて頂いており、その合間にインスタも更新中です。

img237
これは、母校の慶應SFCでメンサ会員とSFC生がディスカッションするイベントがあったのですが、それに出た際に撮ったもの。

img238
これは以前から知り合いのみやびさんとコラボしたもの。

img239
その他いろいろ。

インスタは元写真をいかに加工するかが命、みたいなところがあり、以前は既製のフィルターを使っていたのですが最近はそれを独自のものに変えました。仕組み自体も独自だし、更にパラメータを写真毎に調整する方式です。そのお陰もあってか最近は「いいね」の数も増えてきて嬉しい限りです。

そして、以前の記事でオリジナル映像作品も作ろうとしている、と書きましたが、その撮影もしました。既に主要部分は終わっており、追加要素をこれから多少撮る程度。とはいえその後の編集、CG工程がめっちゃ長いので完成は当分先です!
作品の詳細は追ってお知らせさせて頂きますが、ジャンルとしてはドキュメンタリーです。内容的にはめっちゃ自信があるのですが、あり過ぎて「この作品がより多くの人に知られないのは世の道理として間違っている。なんとかそれは避けなくては」みたいな気持ちになっております(笑)。ご期待ください。

アートの成立要件

IQや高知能といった方面に僕は興味があって、
このブログでも以前はそういうネタをよく書いていました。

結果的にMENSAとHELLIQという2つの高IQ団体に入ったりもしたのですが、
それらの会員の皆様と普段からSNS等で接しているとそれが日常化してしまい、
殊更ブログネタとして取り上げないでもいっか、というのが最近の状態でした。

でも、その方面で久々に印象深かったことが。
MENSA会員の知人に、IQテストが好き過ぎて遂に自分で作ってしまった方がいます。
まあその趣味自体全く一般的ではないと思うのですが笑、
それはさておき、その問題を改めてじっくり見て驚きました。
問題の絵面自体が美しかったからです。

img231

この問題の作者はMACHというIQテストで日本記録を出した方なのですが、
彼はこの問題を作るのに全力を尽くしたそうです。
その考え抜かれた感が何故か伝わってくるし、
それが伝わってくる時点でこの問題は問題という枠組みを少しはみ出しています。
そのはみ出した分は、やはりアート性とでも呼ぶほかないのではないかと。
今、一緒に仕事をしている作曲家の方にこのテストを見せたら、
やはり絵面が美しいと言っていました。

つまりある程度高出力の脳を持つ人が全力で何かを作った場合、
それだけで広義のアートを成立させる要件を満たすのかもしれないね。

まあ今までもそういうことを思わなくはなかったですが、
「作品」という括りからは一番遠そうなこういうテスト問題でも、
その法則が成り立つというのはやはり感慨深いです。

※IQテストを他の人と相談しながら解いたり、解法を公開、共有することは禁止されています。
 ルールを守って挑戦しましょう!

サイトリニューアル!

メインサイトがリニューアルしました!

このサイトは僕(ひらさわ)の唯一の営業手段で、
殆どの取引先とはこのサイト宛にご連絡頂くことで知り合っています。
そういった意味で重要なサイトなのですが、全体の構造やデザインが旧世界の遺物レベルでした。

スマホからなんて見れたもんじゃない、
非レスポンシブル、反マルチデバイスを極めたガッチガチに固まったサイトを、
時代に流されない信念故に維持していたのかと言うと、全くそんなことはありません。
むしろヘラヘラと時代に流されまくりたいのに技術がなかっただけです!

img230

その辺をやっと、偉大な既存テンプレート様の力を借りまくって解決した次第です。
スマホからでも多少見易くなったかと。
(しかしその上で、やはり見栄え的にはPC推奨ではあります。)

しかし、全てを刷新したので掲載作品も新しく投稿しなおさなければなりません。
そのラインナップも選び直してはいるのですが、その中で、
今現在投稿が終わっているのは2~3年くらい前の旧作までです。
今後、追ってだんだんと新しい作品を投稿していきたい所存です。

折角なのでこの機会に、旧作をご存知の方も初見の方も、改めてご覧頂ければ幸甚です。
今後とも本サイトをよろしくお願いいたします。

自分発信

お陰さまで忙しくさせて頂いています。

映像制作というのは何回もの打ち合わせがあり、
撮影し、編集やCGの工程があり、ナレーション収録もあり、本当に作業の種類が様々です。

引きこもり作業の日も、仕切り屋の司会者のように振る舞うべき日もありますが、
自分の場合案外どの役割も好きなんですよね笑。
特定の役割だけが続くと飽きるかも知れませんが、
実際には引きこもり8仕切り屋2くらいのルーティーンになっており、
その比率と自分の性格の傾向が合っているのだと思います。

だから基本的には何の不満もないのですが、
むしろ環境が良すぎて逆に筋力が弱っているな~と最近感じます。
勿論仕事自体は一生懸命やっているのですが、
クライアントから発注されて作る案件って要は物凄く守られているのですよね。

img226

ではこの意味に於ける守られていない案件とは何かというと、一例としてはInstagramです笑。
他の人気作品が素晴らし過ぎるし、その中で自分の方針もやっと立ってきた感はあるのですが、
それでもイマイチ中途半端で、正直そういう意味でのハードルは仕事よりも高く感じます。

しかしだからこそ、自分発信の作品というのは麻薬的なくらいにやり甲斐があるし、
やるべきだと思います。

img228

そういった試みのミニマムバージョンがInstagramですが、
もう少しガッツリ気味のオリジナル映像作品も準備中です。
この映像作品に関してはいわば自分がクライアントで、ご協力頂く方にオファーを出す立場です。
もう、そのオファーを出す時点でプレッシャーがかかるのですが、
逆に日頃の仕事では同じ重圧をクライアントが引き受けていのだと今更実感しました。
それにも関わらずいろいろ気も遣って頂いているし悪くない条件で発注頂いているのだから、
クリエイターは歩み寄るべきですわホントに。

勿論自分発信の作品だけでやっていこうという訳ではないのですが、
それとクライアント発信の作品を両方やることで双方に弾みが付けば良いなと思っています。

img227

インスタと揺らぎ

一過性の可能性もありますがとりあえずインスタにハマってマメに更新中です。
前回の記事で、作りこみ系か雰囲気系か、みたいなことを書きましたが、
世界の選択は後者ですな。

その気持ちは分かります。
しっかりスタジオに機材がセッティングされて、
そのしっかりした準備の代償でADさんが疲れていたりもするけれど
それとは関係なく笑うモデル、みたいなことではないのでしょう、皆が交換しあいたいのは。

img223

それを仮にインスタ風と呼ぶならば、
とりあえず直近9枚は自分なりのインスタ風かもしれません。

この中には自分的に物凄く気に入っている写真もありますが、
今日は是非こういう構図でこういう光の感じで撮ろうぞ、と考えて家を出た訳ではありません。
全てインスタントなアドリブな訳で、とても簡単に短時間で撮っています。
但し、構図や光源との関係が少しズレるだけでも全然ダメだったりするので、
一瞬の集中力は必要だなと思います。
そして、その一瞬の集中度合いというか、その意味でのアドリブ度合いというか、
そういうものが高ければ高いほど説得力が増すという価値観が確かにある気がします。

img224

img225

僕の本業であるところの映像や、その中でも特にCGは基本的に汗をかいた分しか前進しないので、
そういう揺らぎのなかで飛躍するみたいな価値観はちょっと脅威かもしれない。
脅威というのは、勿論その価値観に共感しているからです。
だってInstagramの人気写真、みんな瑞々しくて素敵やもん。

インスタとCGってある意味真逆なのかもしれないですね。
前回の記事でご紹介したサイボーグを撮った時にはそこまで考えていなかったけれど、
それを踏まえた上で何かやってみたい気はします。